クリスマスに感じる子どもの世界の広がり

明日はクリスマスですね。保育園のクリスマス会を楽しみにしてた娘も、早いもので2年生。プレゼント希望を聞き出すため話を振ったところ、深刻な顔で「ねぇママ、サンタさんって、いるよね?もしかしていないの?」との問い。

来たー!!と思いつつ、友達同士でそんな話題になったのか?どうしてかと聞くと、何かで「私がサンタクロースを信じていたころ」というくだりを読んだという。文字や文が自由に読めるようになると、当然得られる情報は増え、世界は広がることを実感。子育てのステージも、変わってきたんだなぁと、しみじみ。

広がる世界を進む彼女に、どう寄り添えるか、何を示せるのかな、と少し弱気になった12月でした。まぁ結局、今年もサンタさん用にクッキーを準備しておくと張り切っていたので、ほっと安心でした。

(れいれい)

Facebook
Twitter
Follow by Email
RSS