私たちの取り組み

「保育園を考える親の会」は、1983年に創会され、「仕事も子育ても、普通にできる社会」を合い言葉に、働く親たちがつながるネットワークとして活動してきました。

今、私たちが直面するのは、きびしい待機児童の状況、そして、格差が広がる保育の質の問題です。保育の受け皿が増えないと困るけれど、それが子どもにとって望ましい場所でなければ、安心して子どもを通わせることはできません。

必要とする誰もが、いつでも入園できて、安心して通うことができる保育園がほしい。子どもがのびのび、すくすく育つことができる保育園がほしい。

そんな願いを胸に、仕事と子育てに追われる日々を共感し合いながら、保育のあるべき姿を模索しながら、働く親たちのネットワーク活動は続いていきます。

普光院亜紀の保育園NETA
http://hoikuneta.jugem.jp/

 

fukoin
保育園を考える親の会代表 普光院亜紀

団体概要・アクセス

代表事務所170-0013 東京都豊島区東池袋4-27-5-1213
電話&FAX03-6416-0721
運営仕事と子育てに追われる親たちの手作りの活動であるため、
任意団体として運営しています。
会費会報で会計報告をした上で、ご承認いただける方に年会費(2,000円)のお振込をお願いしています。
入会初年度は無料です。
スタッフ30数名の運営スタッフが、ボランティアで事務や運営を担っています。
イベントや意見表明活動では、有志がプロジェクトチームを組んで活動しています。自由な企画を歓迎しています。

沿革

1983年『保育園110番』(ユック舎)を出版した「保育園を考える母親の会」が「保育園を考える親の会」になり、活動開始。
1984年恒例イベント「はじめての保育園」始まる。
1993年10周年誌「『初めての保育園』から」を作成。
1994年意見集「保育制度に親の声を」を作成。反響を呼ぶ。
1996年「はじめての保育園」(主婦と生活社)を出版。その後、改訂を重ね、現在に至る。
調査冊子「保育園データブック ‘97」(東京女性財団補助金事業)作成。
1997年「保育園データ&ガイド」(主婦と生活社)を出版。
メーリングリストを使った運営が始まる。
1999年会員メーリングリストを開始。
2000年「はじめての小学校&学童保育」(学陽書房)を出版。
ホームページを開設。
2001年調査冊子「96都市保育力充実度チェック」を作成。以降、毎年発行(2002年からは95都市、2010年からは100都市)。この年、会員が630人となり、最高を記録。
2003年「小学校の不思議な常識」(学生社)を出版。
「子どもたちのために 民営化に求められる最低条件10か条」をまとめ反響を呼ぶ。自治体間にも流通。
2006年「働くママ&パパの子育て110の知恵」(医学通信社)を出版。
代表が厚生労働省の「保育所保育指針改定に関する検討会」委員となり、継続的に意見を表明する。(1年4か月)
2009年「保護者の『ホンネ』がわかる本」(ひかりのくに)を出版。
急激な入園事情の悪化に直面し、「待機児童対策に関する調査報告と提言」を発表。
2010年代表が内閣府の「子ども・子育て新システム検討会議・幼保一体化ワーキングチーム」の委員となり、継続的に意見を表明する。(7か月)
※この間、保育所の面積基準、保育士配置(准保育士案)、放課後児童クラブなどについて意見表明多数
2015年「小1の『カベ』に勝つ」(実務教育出版)を出版。
2016年プロジェクトチーム「安心できる保育園ふやして!」が結成され、意見表明活動を活発に行う。

書籍のご案内

PICK UP

『はじめての保育園 ~保活から園生活まですべてがわかる~』
保育園を考える親の会編
主婦と生活社

はじめての不安を解消!

保育園を考える親の会スタッフの総力を結集して書き上げた、保育園のすべてが わかる入園バイブル。子ども・子育て新制度実施後の入園手続きはどうなるのか?入園選考は何で決まる?などの保活情報のほか、「慣らし保育」って何?保育園グッズは?子どもが病気のときはどうする?など 入園後も降りかかる難問・疑問の数々にお答えします。

定価1400円+税 絶賛発売中!

『働くママ&パパの子育て 110の知恵』
保育園を考える親の会編
医学通信社

働きながらの子育てには、知恵がいる。保育園を考える親の会の先輩諸氏、現役バリバリの皆さんのあんな声、こんな声、励まされる話、ほろりとする話、笑ってしまう話、たくさんの体験を集めて「110の知恵」にしました。
夫婦の協力体制、仕事のやりくり、家事のコツ、保育園とのつきあい方、と多チャンネルな内容。巻頭カラーでは、艶麗ごとの子どもの育ちや保育園生活を解説しています。

定価1200円+税

好評発売中